ツライ逆流性食道炎。その治療方法とは?


逆流性食道炎の治療方法には様々な薬物治療や民間療法がありますが、どの方法をセレクトしても即効性は期待できません。逆流性食道炎とは根本的に出すぎる胃酸の抑制が何よりも重要で、胃の入り口の弁としての機能を果たす括約筋をもとの状態に戻すことは大変難しい治療になりますから、最も効果的な治療は

胃酸のコントロールが重要です

また逆流性食道炎は病気というより、食道がんに通じる症状としての要素が強い為、外科手術などで治癒することはできず、薬による治療が一般的ではありますが、薬に頼らない治療方法もあります。

そもそも逆流性食道炎とは生活習慣に起因している部分が多く、その生活習慣を改善することでかなりの症状が緩和される場合があり、たとえば来ている服のベルトを締めすぎない。また喫煙習慣をあらため禁煙を始め飲酒も当分は控える。そして座っているときは出来るだけ背筋を伸ばすなど

日常生活でちょっとした意識の変化

症状が改善できる場合があります

あとは食事のときもゆっくりよく噛んで食べることや、食べてすぐに横にならないなど、食習慣でも逆流性食道炎は改善できますし、また米や芋などのでんぷん質の取り過ぎには注意し、脂ものや肉、極端に辛いもの、熱いものといった刺激の強いものや、胃酸の分泌を促進させるようなものを極端に多く取らないなど、食べているものそのものを見直すことでも症状は改善していきます。

このように逆流性食道炎とは、必ずしも薬を飲まなくては治らないという症状ではありませんので、ちょっとした意識と生活習慣の変化で賞状が変えられることができます。ただし放置しておけば非常に高い確率で食道がんの原因になりますので、放置し続けるのも危険です。場合によっては医師の診断が必要な場合もあります。

もし薬を飲むのであれば、しっかりとした医師の処方や診断のもとで服用してください。医師は診断のプロですし、検査のときは場合によって胃カメラを飲み、直接胃や食道の中の様子を見た上で症状の重さを判定します。そしてその症状の度合いによって処方する薬を決めるのです。

しかし仮に食道内にポリープや、腫瘍が見つかった場合それは胃酸を抑える薬よりも、その主要やポリープを切除しなくてはなりませんので、薬で治すという性質のものではなくなります。

そういった意味においても、薬に頼らない治療方法が最も望ましい方法ではありますが、やはり症状が重く薬を服用しなくてはならない状況であれば念のため、一度医師の診断を受け、胃カメラ検査等を受けられたほうが良いかもしれません


逆流性食道炎の治療判断ガイドライン


逆流性食道炎は胃の中の強い胃酸が逆流し、食道内に流れ込むことで食道が炎症を起こし結果、症状として強い胸焼け、突発的な咳、胸痛が起こります。もし強い胸焼けや頻繁に起きるげっぷが起きるようであれば逆流性食道炎の疑いがあります。

逆流性食道炎は食道がんが胃がんに通じるプロセスのひとつであり、放置しておくと症状は益々悪化し、最終的には食道がんになる場合が多く、医師の診断として最初に行われるのが、胃カメラによる食道から胃にかけての検査。この検査によって症状の度合いが概ね判別できます。

またこの逆流性食道炎の原因の90%が生活習慣の欧米化から起因しているもので、例えば食事内容が肉や脂を中心とした食生活がメインとなり、日本の伝統的な魚や塩分を極端に控えた食事にしていったことで、消化を促進させるため胃酸の分泌が活発化し、食道入り口の括約筋が緩むことで胃の中の食べ物が逆流し激しい食道内の胸焼けが起きます。

また飲酒が日常化していたり、喫煙習慣も過剰な胃酸分泌を促進させる原因となります。さらに極端にきつく締めたベルトによって、腹圧が上昇し胃酸が物理的に逆流しやすい環境を作っていることも原因として挙げられます。このように従来の伝統的な日本の生活スタイルから、極端に欧米化した生活スタイルに変化したことで、内臓がそれについていけず、こういった症状を起こすのです。

ではこの逆流性食道炎の治療法としてどういったものがあるのかというと、病院での治療方針としては主に薬物投与による治療が主体となります。薬物といっても目的は「出すぎる胃酸を抑制する」ことが目的ですから、処方される薬もプロトンポンプ阻害薬が非常に高い効果を示しますので、最初に処方される薬はプリトンポンプ阻害薬か、H2ブロッカー配合のガスター等の薬が処方されます。

ただ、逆流性食道炎の治療は薬に頼っているだけでは完治しないのが厄介で、

薬による治療と生活習慣の改善が重要

となってきます。たとえば喫煙や飲酒の習慣があるのであれば禁煙を始め、飲酒の機会も極端に減らす。さらに胃酸の分泌を促進させるでんぷん質も制限する。

つまり、ご飯や芋類の食べ過ぎも遺産の過剰分泌の原因となりますので、これらの食べる量を制限するのです。また、食事方法も急いで食べるような

「早食い」は避け、よく噛んで食べることが重要です

このように食生活に様々な制限をかけ、その生活習慣を最低でも半年は続けなくてはなりません。逆流性食道炎の特徴として、症状改善までの期間が非常に長いのが特徴で、治療に必要な期間は短くても半年から1年。長い場合だと十年単位で治療が亜必要な場合があります。当然個人差はありますが、治療期間としては非常に長いのが特徴です。

もし食道から喉にかけて焼ける様な痛みがありなかなか治らず、また食事中の激しい胸痛、また突発的に起きる咳などの症状があるのであれば逆流性食道炎の疑いがありますので、出来るだけ早いタイミングで医師に相談するようにしましょう。

逆流性食道炎の薬を使わない咳の治療


つらい咳に長期間悩まされなくてはならない逆流性食道炎ではありますが、薬を使えば楽なのですが、その薬もいつまでも使い続けていると、やがて効果がなくなってきます。そこで逆流性食道炎の薬を使わない治療法として、民間療法のひとつに姿勢を正す方法があります。

逆流性食道炎は腹圧をかけることで胃酸が逆流し食道を炎症させる事で、起こる症状でありその結果激しい咳が出ます。そこで民間療法として出来る事として、座っている時の姿勢を正すことで腹圧を軽減できます。またベルトも必要以上に締めない事です。できれば症状が緩和されるまでの間はサースペンダーなどを使い、穿いているズボンを吊るすようにします。

要するに腹圧を意識することが重要で、日常生活で腹部に必要以上に圧力をかけず、服装もタイトなものは避け多少ゆったりとした服装を心がけるようにしましょう。これを行うだけで、一時的ではありますが、激しい咳を軽減させることができます

ただ逆流性食道炎という症状は根が深く、一時的に改善が見られたとしても根本的に対処しないと完治しません。根本的に咳を改善するには食事の時間と内容、食事にかける時間に気を付ける事です。寝る5時間前は食事をせず、食事内容も肉類や炭水化物は避け、野菜を中心に心がける事。

そして食事時間も極力長く取り一口30回は噛むようにします。こうする事で必要以上の胃酸を分泌されませんので、胃酸が逆流することもく、やがて胸やけの症状も改善され咳も止まります。

逆流性食道炎は自然治癒で治せる?


食後に限らず空腹時にも起きる不快な逆流性食道炎の症状。この症状を改善するために病院へいく事も方法ですし、医師から処方される薬を服用するのも症状改善には有効です。しかし中にはどれだけ症状が重くなっても「お医者さんの世話にはならん」と頑なに病院へいく事を拒む人もいます。

こういった方々は逆流性食道炎を自然治癒で治そうと試みている人たち。確かに自分の体は自分が一番よく分かっているわけですから、病院へ行くより自分自身の免疫力だけで治そうとするのも方法かもしれません

。もし自身の免疫力だけで自然治癒をするのであれば、予めこの症状を良く知ることが大事です。そして逆流性食道炎は薬を服用したとしても、自然治癒を試みたとしても一朝一夕には治りません。非常に長い期間をかけて治療に専念する必要があります。

その為にはまず、逆流性食道炎の原因が生活習慣に起因していることを知りましょう。実はこの逆流性食道炎は生活習慣の改善でかなりの症状が改善します。例えば喫煙習慣がある方であればタバコを止めてみる。そして寝る前には食事はとらない。さらにお酒を断つなど、普段の生活をちょっと気にするだけで症状が改善します。

特にタバコは胃酸の分泌を活発にしますので、空腹時の喫煙などは無駄に胃酸を分泌させているだけで、胃にとっても食道にとっても何もいいことはありません。これらのちょっとした生活スタイルを気にするだけで、薬に頼らなくとも逆流性食道炎は症状がかなり緩和される場合があります。

妊婦の逆流性食道炎の治療法


逆流性食道炎は必ずしも食生活や生活習慣が乱れている人、またストレスの多い人がなりやすい病気ばかりだとは限りません。基本的に逆流性食道炎は高い腹圧で、胃酸が胃から食道内へ流れ込むことを言いますので、常時腹圧が高い環境にあれば誰でもなる可能性があるのです。

つまり腹圧が常時高い環境になりがちな妊婦も御多分に漏れず、逆流性食道炎になりやすい人たち。妊婦の場合は子宮が大きくなりそれが上へ押し上げられることで、胃酸が逆流しやすくなります。特に妊娠期間の後期は子宮が最大級に肥大しますので、胃や他の臓器にかかるプレッシャーもより大きくなりがちです。

実際にこの症状になった時、妊婦さんの多くは過去に経験したようなつわりを長期間にわたり経験することになります。逆流性食道炎の症状の一つに激しい胸焼けととまらないげっぷがありますが、まさに妊婦さんを襲う症状もまさしくこれと一緒です。

もしこれらの症状が起きた場合は妊娠性の逆流性食道炎であると言ってもまず間違えないでしょう。治療は薬でも治療できますし、症状が軽ければ市販薬などで改善できますが、ただ妊娠中という事もあり、やみくもに薬を服用する事は非常にリスクがありますので、一度産婦人科へ相談され、症状に合った薬を処方してもらった方がリスク回避になります。

ただ基本的には胃酸の分泌を抑える系の薬が処方されますので、H2ブロッカー系、またはプロトンポンプ阻害薬のどちらかが処方されますが、ポイントは効き目の強さであり、あまり効き目が強いものは処方されることはありません

逆流性食道炎の治療にかかる費用


逆流性食道炎は軽度の症状であれば市販薬や医師から処方される薬で治療することが可能ですが、症状がひどくなるとポリープになるなど重症化します。もし重症化した場合、その症状を改善する為に行われる治療はいったいどれくらいの時間と費用がかかるのでしょうか。

まず、手術を行う場合ですが外来で初診を受けた時、最初に胃カメラ検査があります。この胃カメラ検査によって手術が必要な状態かどうかを判別します。そして胃から食道にかけての状態が手術が必要な状態であると判断されると、入院し後日手術となります。

手術のやり方等に関しては事前に医師から詳細な説明がありますので、そちらをしっかりと聞き当日に備えるようにしましょう。そして手術が決行される日は概ね全身麻酔で行われます。手術時間は短いもので1時間。長くても2時間程度の手術となるものが多いようです。そして手術が成功したらおおよそ2日から5日程度様子を見て退院となります。

従って初診で受信してから手術、そして退院に至るまでの日数はやく1週間程度を見て頂ければ良いでしょう。そして治療費ですが、逆流性食道炎の治療は社会保険の適用範囲になっていますので、3割負担でおおよそ20万円から30万円程度の費用が掛かるものと思って頂ければ結構です。

また逆流性食道炎は高額医療制度も適用されますので、自己負担を超えた分に関しては返還請求により手術費用が返ってきます。このように初診から退院までは約1週間。そして費用自体は30万円程度で済むのが手術にかかる一般的な費用になります。


逆流性食道炎が自宅で根本的に改善できる