対策


原因が特定できれば今度は対策です。私はこの日から食生活に細心の注意を払うように心がけました。たとえば温かいご飯を食べる時もよく噛んで食べること。よく噛むといっても一口30回噛むというルールを作り、そのルールに従って食べるようにしました。

また揚げ物などの油ものは控えるようにし、出来るだけ消化に良い野菜中心の食事を取るようにし、なによりも食べ過ぎないように心がけました。満腹になるとそれだけ大量の胃酸が分泌されます。それを抑制したかったのです。

また食後の一服も控えなくてはならないと一大決心し禁煙も始めさらに夕食後の晩酌も一切禁止。そして食後はどうしても眠たくなる為、寝ないために食後はテレビゲームをし気分を高揚させするようにしました。どれだけ眠たくなっても出来るだけゲームに集中するようにしたのです。

すべては胃の為


楽しい食事の時間にこれだけの制限をかけることはそれまで惰性で食事をしてきた私にとっては拷問そのもの。30回も噛んで食事をすればだんだん顎が痛くなってきますし時間もそれまでの5倍くらいかかるようになりました。

また揚げ物に代わって味気ない野菜の増えた食卓。かつて食べたいものを食べたいだけ食べてきた私にとってこの食卓が楽しいはずもありません

しかし

すべては自身の胃をいたわる為

まさに生活習慣の改革だったと思います。

ですがこの改革をやりきらなければればまた激しい胸焼けに苛まれると思い、それはもう必死に食生活の改善に取り組みました。食後の眠気や、食事のストレスもゲームの時間にぶつけるようにし、ゲームのレベルアップに比例して自身のヘルシーフードライフもレベルアップしていったのです。


逆流性食道炎が自宅で根本的に改善できる