逆流性食道炎とは?


あなたがもし日常生活で胸焼けが続いたり、止まらない胸焼け、胸から喉のあたりが焼けるような感覚を覚え、咳が止まらなかったり、頻繁にげっぷが出るようであれば逆流性食道炎の可能性を疑ったほうが良いかもしれません。

逆流性食道炎とは聞きなれない言葉ですが、近年じわりじわりと患者が増えている現代病の一つで、症状としては胃の中の胃酸がなにかのきっかけで逆流し強い胸焼けやのどの痛みが起きる病気。昨今、日本人の食生活の欧米化やライフスタイルの変化によりそれまではあまり聞くことのなかった現代病の一つです。

逆流性食道炎とはなんらかの原因で、胃の中の胃酸が逆流し、その胃酸が食道を焼くことで不快感を感じる症状で、ひどい場合は食道がん胃がんの原因ともなりかねない恐ろしい病気です。この症状の原因としてはストレスや不眠などの精神的な原因に起因するもの、また喫煙習慣や暴飲暴食といった乱れた食生活、または不規則な生活習慣に起因するものの2種類あり、これら精神的なストレスによる胃酸過多。また乱れた食生活から起きる胃酸過多によって強い胸焼けと胃痛に悩まされます。

また自覚症状も止まらないゲップや、胃痛胸焼けといった市販薬で初期対応できる症状が多いのが特徴で、医者に行くまでもないと思ってしまいがちですが、そんなことをしていると、だんだんと症状がひどくなりやがて食事はおろか、水を飲んでも何をしても胸焼けと胃痛が止まらなくなり、逆流性食道炎の症状が慢性化してきます。

こうなると日常生活にかなりの支障をきたすようになり、胃酸が喉を焼くことで起きる咳が日常で頻繁に起き、口の中は逆流した胃酸が原因の酸っぱい唾液が出るようになり、ひどくなると睡眠中に胃酸を嘔吐する場合もあります

基本的に胃の胃酸分泌量が必要以上に分泌されている状況ですので、

対処しない限りそれは改善されることはありません

胃酸の分泌量は一日2リットルといわれており、また胃酸は強い酸性であることから出すぎた胃酸は自身の胃をも溶かしてしまうくらい強力な消化液です。ですからこれが逆流し食道に流れ込めば当然食道に大きなダメージを与えます

人の自律神経とは非常にデリケートにできており、強いストレスによって胃酸が必要以上に出ることで、暴飲、暴食に走ってしまうこともありますが、こういった原因を排除することで逆流性食道炎の症状はある程度改善されるでしょう。

また生活習慣の改善で症状の緩和も期待できますが、それと同時に腹部に圧力をかけない服装の工夫も大事です。たとえば、ズボンのベルトを必要以上に締めると腹圧が上がり、胃酸が逆流しやすくなります。もしベルトをするズボンを履く場合は腹圧を必要以上にかけないようなベルトの締め方が肝心です。

こういった細かな日常生活の改善を続けることで、少しづつですが症状は改善に向かいます。ただし、逆流性食道炎は一度発症すると非常に治りにくいのが特徴で、たとえるなら「癖」のようなもの。一時的に改善してもまたすぐに症状が発症してしまうことがよくあります。

ひどい人ならいくら生活習慣を改善しても、数十年付き合っていかなくてはならないといけないほど。ですから逆流性食道炎はすぐに完治するものではない。長い時間をかけて症状と向き合い、根気よく治療を行っていかなくてはならない厄介な病気なのです。

逆流性食道炎の症状


それこそ鉄をも溶かすといわれている胃酸が逆流し、食道や喉のあたりまで流れてくるわけですから、それは大変な激痛を伴った胸焼けが起き、食事はおろか睡眠時は胃酸が喉元まで上がってくる感覚と不快感で眠れず。立っていても座っていても、水を飲んでも強烈な胸焼けが止まらないほど凄まじい痛みが伴います。

食事は個人差がありますが、食欲が仮にあっても食後の胃の不快感や止まらない胸焼け、げっぷ、胃から何かが上がってくる感覚

そして吐き気、嘔吐

こういった症状が逆流性食道炎の代表的な症状で、そしてこの症状を一過性の物だと軽視し放置していくとやがて、咽るような咳と声のかすれや、食後の嘔吐が常態化し、最悪食道がんを引き起こすほどの恐ろしい病気なのです。

ではこの病気は治るのでしょうか?またその原因は一体何なのでしょうか。このサイトでは逆流性食道炎になった克服体験も含め詳細をご紹介しています。

逆流性食道炎を治療しないとかなりマズイ


逆流性食道炎は慢性的に胃痛や胸やけを患っている非常に不快で厄介な病気ですが、この逆流性食道炎を治療せず、そのまま放置しているとどうなるでしょう。

確かに強塩酸である胃酸が逆流して食道内を流れている訳ですから放置することが体に良いわけがなく、一刻も早い治療が必要になりますが、中には自分にだけ通用する言い訳を理由に医師の診断を避ける人もおり、こういった人は間違えなく症状が悪化し将来的にどうしようもないくらいの苦痛を味わうことになります。

まず、逆流性食道炎の原因は出過ぎた胃酸にあります。その胃酸に満たされた胃袋はただれ炎症を起こしています。そしてその炎症を起こしている部分からやがて潰瘍が生まれ、それが悪性腫瘍へと変化していくのです。

これは食道内部を流れる事によっても起こります。食道内が強い胃酸により激しく炎症を起こします。それが抵抗力の弱ったタイミングで悪性腫瘍化して食道がんを起こすのです。まだ抵抗力のある時なら、なんとか治癒することが出来ても抵抗力が弱くなると途端にあちこちの細胞が癌化していきます。

この胃がんや食道がんも一緒で、免疫力の低下が招く症状なのです。この胃がんなのか食道がんなのかを判別する方法として、内視鏡検査が有効で、内視鏡検査をすることで粘膜の状態を確認し癌の所在も確認することができます

しかしここまでならないことが重要で、ここまでなる前に対策を講じなくてはなりません。逆流性食道炎は薬で治る病気とはいえ、再発しやすいしぶとい病気。根気よく治療していかなくてはなりません。


逆流性食道炎が自宅で根本的に改善できる


更新履歴

 9月18日 逆流性食道炎の治療方法を更新しました
 8月27日 食事の仕方で防げるを更新しました
 8月21日 胸痛みは逆流性食道炎を疑えを更新しました
 8月19日 日常生活のストレスが原因を追加しました
 8月08日 逆流性食道炎の様々な症状を更新しました